不動産売買

札幌市の不動産売買

不動産売買(戸建て・マンション)新築・中古

不動産売買(戸建て・マンション)新築・中古

不動産売買 新築・中古・マイホームのことならお任せ下さい

自分の家を購入するというのは、一生の中で大きな買い物です。
そのため、いざ購入することにあたり、明るい未来を想像する半面、購入することに色々な不安があるかと思います。

私は30歳で縁があって自宅を購入しましたが、場所・環境・収入など色々なことを考え決めるまで不安もありましたが、自分で勉強しつつ不動産会社様からのアドバイスに恵まれ不安は解消され購入する決断に至りました。

【購入または売却を検討している方へ】
当社から売買に関しお客様へ分かりやすく説明させていただき、希望条件に合うまたは合わせる(値下げ交渉やリフォームなど)形で、お住まいのお手伝いをさせていただければと思います。まずはお気軽にご連絡ください。

よくある質問

不動産売買に関する質問自己資金が少ないので、購入出来るかどうか心配です。

質問に対する答え一般的に物件価格の2~3割程度は頭金として用意しておきたいものです。理由としては物件購入価格の他に諸費用(登録免許税・ローン手数料・火災保険等)も掛かってきますし、自己資金が少ないと金融機関の審査が通らない場合がございます。
ただし、金融機関によっては自己資金が少なくても融資が通るところもございますので、お気軽にご相談ください。

不動産売買に関する質問物件購入時に掛かる諸費用はどれくらいですか?

質問に対する答えお客様の家具家財の量により違いますが、引っ越し代はもちろんのこと、火災保険・登録免許税・印紙・住宅ローン手数料・中古物件であれば仲介手数料など掛かるため売買代金の1~2割程度諸費用が掛かると見込んでいただければと思います。

不動産売買に関する質問戸建てとマンションどちらが良いですか?

質問に対する答え戸建てのメリットとしては、上下階に気を遣わなくても良いということや、外回りの装飾や増改築など自分の自由に出来ます。土地がある分、資産価値の目減りはマンションより可能性は低いです。ただ、立地の利便性などはマンションに比べて劣る場合や北海道ですと除雪作業が苦労する部分かと思います。
マンションのメリットとしては、立地条件が良いところが多いので利便性が良いということと、除雪しなくても良い。セキュリティ面や共用施設が充実しているところが戸建てとは違って便利です。ただ、生活音の不安、管理費・修繕積立金・駐車場などが別途掛かります。

▼不動産売買に関するお問い合わせはこちらから▼

物件価格

住所

路線・駅

間取り

不動産売買委に関するお問い合わせはこちら