札幌 賃貸(アパート・マンション)

札幌市の賃貸(アパート・マンション)情報です。

賃貸 簡単節約術 2022年

2022年、コロナの影響を引きずりつつ、ロシアのウクライナへの侵攻や金融政策により円安傾向が止まらないなど、エネルギーや食料品の価格が高騰し、家庭や企業に大打撃になっています。
どのような条件の部屋だと毎月節約出来るのか、またはお金をそれほど掛けずに、僅かながらでもちょっとした工夫で節約出来ることをご紹介したいと思います(^-^)/

 

~~~ 紹介内容 ~~~

①光熱費を掛けないなら都市ガス!
②水道料固定物件はダメ!
③ネット無料物件!
④電力会社を変えたらどうなのか?
⑤プロパンガス物件の節約術!
⑥何でもLEDにしてみる!
⑦トイレタンク節水アイテムはダメ!
⑧その他

 

〜〜  ①光熱費を掛けないなら都市ガス! ~~

プロパンガスより都市ガスが安いです!
ですが、都市ガス物件は意外に少ないため、お客様の条件に合う物件がなかなか無いパターンが多いです。
地方になると都市ガス自体無いところもあり、その場合はプロパンガスとなります。
都市ガス物件は規模の大きいマンションや古いアパートに多い印象を受けます。
都市ガス物件が無ければ、給湯が灯油ボイラー物件も都市ガスに並んで経済的です。
ただ灯油ボイラー物件の方が物件数は少ないです…。

使い方によりますが、給湯は都市ガスで暖房は灯油の組み合わせ一番経済的かと思います。
お部屋探しする時には、ダメもとでも都市ガス物件から探してみるのが良いですよ。
プロパンガスと都市ガスを比較した場合、毎月千円単位で違ってきます。

〜〜  ②水道料固定物件はダメ! ~~

アパートやマンションで家賃と一緒に水道料を請求される物件があります。
これは、大家さんが建物全体の水道料を水道局へ一括で支払っているため、各入居者に家賃と一緒に水道料を請求しているんです。
そこで…よくあるのが水道料固定という物件があります。
毎月水道料が固定で2,500円や3,300円など。
札幌市の水道料金の場合、これも使い方によりますが、単身の方ですとほぼ最低料金で済むかと思います。札幌市の最低料金は月で2,112円です。
水道料固定の物件はほとんどが、水道局より多めの金額に設定しておりますので、水道料固定物件はあまりオススメ出来ません。
水道料固定物件とそうでない物件を比較した場合毎月、数百円~1,000円程度違ってきます。

〜〜  ③ネット無料物件 ~~

ネット無料は必須になりつつあります。
この設備があると無いのでは、自己負担の通信料が約5,000円程度違ってきます。
物件によってプロバイダー、Wi-Fi機器は決められてしまいますが、今後節約する上では重要な設備です。
お部屋を探す場合の条件にしていきましょう!

〜〜  ④電力会社を変えたらどうなのか? ~~

電力自由化となり、賃貸物件でも電力会社は変更出来ます。
変更したい場合、物件や管理会社によって変更出来ない物件もありますので、事前に確認していただきたいです。
電力会社によって、基本料金・単価が違いますのでネットなどで調べることが大事ですが、正直単身者の方は電力会社変更してもほとんど料金は変わらないかと思います。
普段から毎月5,000円以上の電気代支払いしている方だとメリットが出てくるかと思います。
ファミリー世帯や、ガスや灯油とセットにすると電気料金が安くなるなどのプランがあれば、オススメ出来るかと思います。
加入した月の電気料サービスする電力会社もあるので、色々調べてみるのも楽しいです。

〜〜  ⑤プロパンガス物件の節約術! ~~

キッチンと浴室がプロパンガスの場合ですが、浴室のガス使用量が大半を占めます。
お風呂に毎日浸かりたいという方いらっしゃるかと思いますが、節約するのであればシャワーの日をメインにして節約していきましょう。
浴槽にお湯を入れる時は、水を入れたペットボトルを数本入れると節約になります。
追炊き機能も結構なガス代が掛かりますので、頻繁に使わないように心掛けましょう。
キッチンのガスコンロをIHにしたり、最近ではカセットコンロを代用する方が増えております。
頻繁に料理する方であれば節約となりますので、オススメ出来ます。
ガスボンベは100均ショップで売ってますよ(^-^)

〜〜  ⑥何でもLEDにしてみる! ~~

天井の照明、台所、トイレ、玄関など、予算に余裕があれば全てLEDに変えましょう。
白熱電球とLED電球を比較した場合、電力使用量は1/6程度に削減されるのですが、電気料金に月換算すると僅かしか恩恵受けないです。
でも塵も積もれば山となる!
LED電球はここ数年安くなっておりますのであまり高いのを買わずに、長い目でコスト削減していきましょう!
元から部屋に設置されている照明器具や電球は取っておきましょう。
退去時に元に戻すように言ってくることもありますので(;^_^A

〜〜  ⑦トイレタンク節水アイテムはダメ! ~~

トイレタンク内に金物を設置して、水量制限する商品があります。
自宅で何回も試しましたが、水を数回流すとその商品がタンク内で外れてしまうことが多く、時間と手間が掛かり全く使えませんでした…(TT)
ペットボトルをタンク内に入れる節約術もありますが、水量不足で詰まりの原因となりますので、ご注意してください。

〜〜  ⑧その他 ~~

量販店でよく売られているのが、窓ガラスに貼る断熱シートは寒い地域だとオススメです。
多少結露も抑えられますし、貼らないよりも室内の寒気が違ってきます。

室内の壁に換気口が数カ所ありますが、冬は閉めることにより室温は僅かに上がります。
でも換気にはお気をつけください。

物価高で家計圧迫されつつありますが、まずは自分でやれることをやっていきましょう!
使っていないコンセントを外して待機電力削減や電気の消し忘れなど、探求すればまだまだあるかと思います。
がんばって乗り切っていきましょう!

 

当社はご来店されなくても、希望する条件を仰っていただければLINEで物件資料を送らせていただき、ご自宅までお迎えに上がりご案内させていただくことが可能でございます。
初期費用や家賃の値引き交渉など出来る限りのことはさせていただきますので、お気軽にお問合せください。

最後までお読みいただきありがとうございます(^-^)

Akari Estate株式会社
代表取締役 佐藤 幸三
札幌市豊平区平岸4条3丁目5番8号 カプリス豊平公園1F
TEL:011-598-0330/FAX:011-595-7170